師走・・・師走はもともと旧暦の12月を示す言葉で、

具体的には12月下旬から2月上旬ごろを示す言葉になるそうです。

語源については、この月になると、家々で師(僧)を迎えて読経などの仏事を行うため、

師が東西に忙しく走り回るため、『師馳(しは)せ月』といったのを誤ったものだとか、、、。

四時の果てる月だから『しはつ(四極)月』といったのが、

「つ」と「す」の音通によって「しはす」となったのだとかの説が伝わります。

このことばのもつ語感が、年の暮れの人事往来の慌ただしさと一致するためか、

陽暦12月の異称としても親しまれ、習慣的に用いられてるそうです。

 

師走

 

これから年末、年越しにかけて慌ただしくなるかと思いますが

身体には十分気をつけてくださいね。

もし体調が悪くなった場合は、お気軽にご来院ください。